大阪のメイク学校が副業に繋がる理由

女性だけでなく、昨今では男性の美意識も高まっています。

以前は眉の形を整えるだけだった男性も、今では薄くファンデーションをつけて、顔色をよく見せるのが流行しておりメイク術を習う方も増えています。プロであるメイクアップアーティストになるためには、高校卒業後に2年制のメイク専門学校に行く必要がありますが、大阪には2019年5月現在で計35校もの学校があり幅広い年代の方が学ばれているところです。大阪にある専門学校のうち、19校で昼間だけでなく夜間も講義が実施されています。

夜間コースの場合は昼間よりも講義時間が短くて、1日3時間程度しかありませんが実技・学科ともに効率よく学べるように工夫されているのが特徴です。通う時間が短いということもあり、学費も昼間のクラスより1/3程度とお安くなっています。そのため、昼間お勤めをされている方が終業後に通うには都合がいい環境ともいえます。2019年4月から公務員・会社員を問わずどなたでも副業が可能になりました。

本業だけでなく副業を持つことは収入を増やせるだけでなく、スキルアップや人脈を広げるにも大いに役立つことでしょう。この副業でメイク関係のお仕事を選ばれる場合は、大阪の専門学校だと負担なく通うことができます。メイク業界は今人材不足が叫ばれている業界になっていて、学校を卒業したばかりの方でも即戦力として活躍できる場所です。社会人で働きながらプロも技を2年程度学べば、すぐに現場に出られるので働き甲斐もあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *